1. 英語が話せるようになるには?ビジネス英語を話すための勉強法も解説

英語が話せるようになるには?ビジネス英語を話すための勉強法も解説

2024.07.04

グローバル化に伴い、社員がビジネス英語を話せるようになる必要性は高まっています。社員にビジネス英語を勉強してもらう方法について解説します。

英語が話せるようになるには?ビジネス英語を話すための勉強法も解説

ビジネスのグローバル化に伴って、日系企業の社員であってもビジネス英語を話せるようになる必要性が増している昨今。海外の取引先との会議や海外拠点との連携など、どんな部署でもビジネス英語が必要なシーンが増えています。
自社の社員がビジネス英語を話せるようになるためにどうしたらいいのか、英語力の底上げに悩む人事担当者も多いのではないでしょうか。

この記事では、社員にビジネス英語を勉強してもらう方法とビジネス英語が話せるようになるためのポイントのほか、ビジネス英語が求められる場面などについて解説します。

ビジネス英語が話せるようになるためのポイント

社員がビジネス英語を話せるようになるには、いくつか押さえておきたいポイントがあります。ここでは、社員がビジネス英語を話せるようになるためのポイントを解説します。

ゴールを明確にする

社員が英語を話せるようになるためには、まず明確なゴールを設定することが重要です。
例えば「社員に海外出張で流暢なプレゼンテーションができるようになってもらう」「英語での会議において、積極的に発言できるようにしてもらう」といった、具体的な目標が挙げられます。これにより方向性が定まり、効果的な勉強をしてもらうための施策立案が可能になるでしょう。

恥を捨て、間違うことを恐れない

ビジネス英語を話す際に重要なポイントは「間違いを恐れない」ことです。完璧を求めすぎると、話すこと自体が怖くなり、結果として練習量が減ってしまいます。むしろ、積極的に間違えることで自身の英語の改善すべき点が見つかるので、恥を捨て、間違えることが英語力向上につながります。

英語の勉強のサポーターを作る

英語に限らず、独学はモチベーションを失いやすく、継続するのが難しくなる場合があります。そのため、英語の勉強仲間や頼もしいサポーターを作ることが大切です。

例えば、ビジネス英語の勉強コミュニティやSNSのグループなどに参加することで、同じ目標を持つ仲間と切磋琢磨ができ、勉強に対するモチベーションを維持しやすくなります。

社員が英語を話せるようになるための勉強法

社員がビジネス英語を話せるように勉強する場合、さまざまな勉強法が考えられます。ここでは、英語が話せるようになるための勉強法について解説します。

英語の基礎知識を身に付ける

社員が英語を話せるようになるための第一歩は、英語の基礎知識を身に付けることです。英文法や英単語を学んでもらうことで言語の基本構造を理解し、正確に表現できるようになります。

具体的には、英語の参考書を読んだり、英語学習アプリを利用したりすることが効果的です。また、英検やTOEICなどの資格試験対策を通じて、実践的な英語力を養ってもらうこともおすすめです。

映画やニュースを観て発音の練習に取り組んでもらう

社員に海外の映画やドラマ、ニュース番組を紹介し、リスニングの練習に取り組んでもらうことも効果があります。ネイティブスピーカーの発音やリズムをまねすることで、自然な発音が身に付くからです。

具体的には、英語字幕付きの映画やドラマを観ながら英語の発音を聴き、それをまねして発音する「シャドーイング」による練習や、ニュース番組を視聴してリスニング力を高める方法があります。
これにより、実際の英会話で使われる表現やイントネーションを学ぶことが可能です。ただし、映画の製作国や制作年代、ジャンルの選定に注意しましょう。

英語のインプット・アウトプットの場を作る

英語学習では、インプット(読む、聞く)とアウトプット(話す、書く)のバランスが重要です。特に、アウトプットは、オンライン英会話や社内研修に参加してもらったり、業務で英語を使う機会を提供したりして、実際に英語を話したり書いたりするシーンを設定することが重要です。
英語で業務日報をつけてもらったり、英語でメールをやりとりしてもらったりすることもアウトプットの良い練習になります。

参考書を活用する

英語を話せるようになるためには、まず基本的な文法と語彙を習得することが重要です。シンプルな中学校レベルの参考書を活用することで体系的に学べるので、まずは中学校レベルの参考書を使って、基礎を固めましょう。これにより、正確な文章を作るための基本的なスキルが身に付きます。

英語学習アプリを使う

スマートフォン用の英語学習アプリを利用して、日常的に英語に触れる機会を増やすのも独学においては効果を発揮します。
英語学習アプリは、隙間時間を活用して効率的に学習を進めることができる上、話しかけたり解答を選択したりすると反応してくれるインタラクティブな機能を持つアプリなら、ゲーム感覚で勉強を楽しめるため、モチベーションの維持にもつながるはずです。

YouTubeを活用する

YouTubeは、ネイティブスピーカーの発音や英語表現を学ぶための優れたツールといえます。
英語学習者向けの英会話チャンネルや、ビジネス英語に特化した学習動画を視聴したり聞き流したりすることで、実際の英会話で使われる自然な表現やアクセントを身に付けられるはずです。
ビジネス英語を学ぶには、「TED」も役に立ちます。

英語日記をつける

個人でできる英語のアウトプットの練習として、英語日記をつけることも挙げられます。日々の出来事や感じたことを英語で書き記すことで、英語の語彙力や表現力が鍛えられるでしょう。

英語日記は定期的に見返すことで、自分の成長を確認できるメリットもあります。書くことが苦手な場合は、簡単な文章から始めて徐々に難度を上げていくことをおすすめします。

短期留学する

海外への短期留学を通じ、実践的な英語力を高める方法もあります。現地での生活を通じて、英語を使う機会が増えるため、自然に英語力が向上します。また、異文化理解も深まり、ビジネスシーンでのコミュニケーション能力も向上するでしょう。
オンラインでの海外留学プログラムもあり、忙しい社会人でも気軽に参加できるのは魅力的です。

ビジネス英語が求められる場面

英語は、さまざまなビジネスシーンにおいて必要とされます。ここでは、ビジネス英語が求められる具体的な場面を解説します。

リスニングスキルが問われる場面

ビジネスシーンにおいて、英語のリスニングスキルは重要です。海外の取引先とのコミュニケーションにおいて、高いリスニングスキルがあれば信頼関係構築に大いに貢献します。

また、会議や電話での打ち合わせでは、相手の話を正確に理解することが求められます。リスニングスキルが高ければ、迅速かつ正確な意思決定が可能になるでしょう。

スピーキングスキルが求められる場面

自分の意見や主張について、英語を駆使して明確に伝えるスピーキングスキルも、グローバルなビジネスシーンでは必要不可欠です。特に、プレゼンテーションやネゴシエーションの場面では、英語力に自信を持って話すことが求められます。

スピーキングスキルを向上させるためには、オンライン英会話や社内英語研修などで、実際に話す機会を増やすことが効果的です。
また、シャドーイングやロールプレイングを取り入れることで、ネイティブスピーカーにも違和感のない英語表現や発音を身に付けることができます。

リーディングスキルが求められる場面

国際的なビジネスシーンでは、リーディングスキルも欠かせません。具体的には、メールや報告書、契約書など、英語で書かれた書類を正確に読み解く力が求められます。

リーディングスキルを高めるための方法は、英字新聞やビジネス関連の書籍を読む習慣をつけることが挙げられます。これにより、業界の専門用語やビジネス特有の表現にも慣れることができるでしょう。

社員がビジネス英語を話せるようにするため企業ができること

自社の社員がある程度のビジネス英語を話せるようになるのを目標としている人事担当者も、少なからずいることでしょう。最後に、社員がビジネス英語を話せるようになるために企業としてできることを解説します。

社員の英語学習の目的と目標を明確に設定してもらう

社員をビジネス英語の学習にかき立てる第一歩は、目的と目標を明確にすることです。
例えば「3年後までに海外出張でのプレゼンテーションを成功させ昇格する」「外資の提携先との会議で自信を持って発言する」といった長期的な目的を設定してもらい、英語学習に対する社員のモチベーションを高めます。

目的を設けた上で、その達成のために「今期の社内ビジネス英語研修で優秀な成績を収める」といった短期的な目標を明確に設定してもらうことで、達成意欲を促すのです。

社員のライティングスキルを強化する仕組みを構築する

国際的なビジネスシーンでは、メールや報告書など、正確で効果的な英語の文章を書く能力が求められます。
英語のライティングスキルを向上させるためには、定期的に英語で報告してもらったり、英語のビジネス文書を書いてもらったりする練習を重ねることが効果的です。
また、上司や外部の専門講師から適切なフィードバックを受ける仕組みを作ることで、社員自身に文章の弱点を把握してもらい、改善に導けるはずです。

社員が勉強を習慣化できる仕組みを作る

ビジネス英語の習得には、とにかく継続的な勉強が欠かせません。多忙な社員でも毎日少しずつ英語にふれるよう、英語学習を習慣化してもらう仕組みづくりが重要です。

例えば、英語のニュース記事を提供したり、英語の業務報告書を書いてもらったりするなど、日常の中で英語学習を取り入れる工夫を促しましょう。

適切なフィードバックの場を設ける

英語学習の効果を最大化するためには、定期的なフィードバックが必要です。外部のネイティブスピーカーのコーチングやメンタリングのほか、海外勤務経験のある上司によるフィードバックの場を設け、進捗状況を確認し、改善点を指摘することで、効率的な英語学習が実現するはずです。

また、社員は適切なフィードバックにより、自己学習の方向性を修正しながら、効果的な勉強法に気づくことができるでしょう。

ビジネス英語に特化した社内研修で勉強してもらう

ビジネス英語に特化した社内研修を実施することも、社員のスキルアップに効果を発揮します。専門の外部講師を招いたり、オンライン研修を導入したりすることで、社員全体の英語力を底上げできる可能性が高まるでしょう。

特に、英語でのプレゼンテーションやネゴシエーションに重点を置いた社内研修は、グローバルビジネスにおいて実践的なスキルを身に付けるのに有効といえます。

社員にビジネス英語を学んでもらうならキャニング・アンド・アソシエイツへ

ビジネス英語は、グローバル化した企業で働く人材に不可欠なものになっています。しかし、そのメリットや必要性がわかっていても、ビジネス英語を多忙な社員に勉強してもらうのは、決して容易なことではありません。英語力を上げるための社員研修を行う場合には、やはり強力な外部パートナーが必要です。

1965年設立のキャニング・アンド・アソシエイツは、グローバル人材の育成に関するコンサルティングやトレーニング、グローバルリーダー育成のための「エクゼクティブ・プレゼンス」コースなど、多岐にわたるサービスを提供しています。
今後のビジネスの成功のため、そしてサステナブルな成長のために、キャニング・アンド・アソシエイツのプロフェッショナルなサポートをご検討ください。

この記事をシェアする

  • facebookでシェア
  • はてなブックマークでシェア
  • Xでシェア

よく読まれている記事

ご要望に応じて、適切なソリューションを提案いたします。
まずは、お気軽にご相談ください!

Copyright © Canning & Associates All rights reserved.